\ 新規会員登録で1000ptプレゼント! /

時計 クロック 置き時計 テーブルクロック 正規品 ローゼンダール 43693 CITY HALL シティホール ベージュ アルネ・ヤコブセン 北欧 アラーム デザイン ギフト ARNE JACOBSEN TABLE CLOCK CITY HALL / アルネヤコブセン テーブルクロック シティホールクロック 時計 / サンディーベージュ

商品番号 330330110000274
¥ 17,600 税込
[ 160 ポイント進呈 ]
ros_sta_bk_tc_im_1.jpg

幻の作品が現代に甦る『Arne Jacobsen Clock』

デンマークデザインの巨匠、アルネ・ヤコブセンが遺した名作時計。Arne Jacobsen Clockのデザインの歴史を辿ると、1930年代まで遡ります。当時、デンマーク最大手の電気機器メーカーであったLauritz Knudsen(ラウリッツ・クヌーセン社)の取締役、H.J.ハンセン自邸の設計をヤコブセンが手掛けた際に、テーブルクロックをデザインしたことにはじまります。その後、同社のために3型のテーブルクロック(1939年/LK、1939年/ROMAN、1943年/STATION)をデザインしました。ただ当時、第2次世界大戦の影響により、わずかな期間にて販売を終了。そして、“幻のテーブルクロック”として語られることとなったのです。

ros_designer_3.jpg

それから約70年が経った2008年、デンマークが誇る伝統的なデザインを受け継ぎ、育むことに努めているローゼンダール社は、そのテーブルクロック復刻のためにラウリッツ・クヌーセン社とプロジェクトを立ち上げ、当時の設計図や希少なオリジナル品を入手。監修として、ヤコブセンの愛弟子の一人である建築家、テイト・ヴァイラントを招きました。
そして、オリジナルデザインを忠実に再現することはもちろん、現代に合う機能性を加えることでアップデートを図り、復刻が実現したのです。
また、1940年代以降にヤコブセンが建築に合わせて手掛けたウォールクロックのデザインも採用し、新たなバリエーションも加えたテーブルクロックとウォールクロックとしての発売に至りました。

ros_cit_be_tc_im_1.jpg
ros_rom_wh_29_im_2.jpg
ローゼンダール

自然体で居ることの心地よさ
CITY HALL / シティホール(1956年)

ドットと直線だけで構成される、ミニマルを極めたデザイン。
それでいて親しみやすくもあり、上品さも併せ持つ。
何にも流されない普遍的なデザインは、どんな空間にも馴染み、
自然体で居ることの心地よさを教えてくれる。
そんな長く寄り添える時計。

ローゼンダール
ローゼンダール

自然、光、建築に溶け込むデザイン

アルネ・ヤコブセンが、1956年にルードブレ市庁舎を設計した際に手掛けたウォールクロック「City Hall」。
ルードブレ市庁舎は、自然の中に溶け込んだ直線的な建物との絶妙なコントラストが美しい建築です。50年代らしい一切の無駄を排除したデザインが、モダニズムを代表した作品となっています。シンプルながらも、ヤコブセンの緻密な計算を感じます。
ローゼンダール社は、このルードブレ市庁舎に設置されているオリジナルのシティホールクロックを今回のプロジェクトの為に譲り受け、オリジナルに忠実に再現しました。

テーブルクロックの復刻にあたって、できる限りオリジナルの青みを含んだクリアな表面に近づけるため、ケースはガラスからアクリルに変更。加えて、アラーム音にもこだわりました。当時、ヤコブセンは電子アラーム音の開発に意欲を示しながらも、技術的に実現には至りませんでした。しかし、ローゼンダール社は、試行錯誤の末、そのアラーム音も完成させます。新しく専用に開発したアラームは、電子音ながらも当時を感じさせるベル音を奏でる。世界観をしっかりと守りながらも新たなエッセンスを加えることにも成功したのです。
併せて、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能を搭載し、バッテリーも220Vのコンセントタイプから2本の単3形乾電池に変更。現代の暮らしにおけるアップデートも図られています。

ros_designer_3.jpg

ルードブレ市庁舎(1956年)

コペンハーゲンの中央西部に位置する町、ルードブレ。人口は4万人ほど。
モダニズムらしさを感じるシンプルで直線的な建築でありながら、緑に囲まれた中に馴染むように市庁舎が設けられ、モダンと自然が上手く調和しています。
ルードブレ市庁舎は、エーロ・サーリネンが手掛けたゼネラルモーターズテクニカルセンターに着想を得たもの。整然と並ぶガラスのカーテンウォールが空間に開放感を生み、内部の階段や大理石を用いた内装が際ちます。評議会室に代表されるインテリア、調度品に至るまで妥協ないヤコブセンのトータルデザインは、長い時を経てもなお、存在感を放っています。
また、市庁舎の向かいにあるルードブレ市立図書館(1969年)もアルネ・ヤコブセンによる設計です。

ローゼンダール
ローゼンダール
ローゼンダール
テキストデザイナー紹介

仕様Spec

商品名 ARNE JACOBSEN TABLE CLOCK CITY HALL / サンディーベージュ
サイズ W110×H120(スタンド込み)×D60mm
カラー ベージュ
質量 257g
素材 ケース素材:プラスティック(ABS樹脂)、レンズ素材:アクリル、スタンド素材:ステンレススチール
製造国 中国
電源 単3形乾電池×2本
保証 1年間(メーカー保証)
付属 正規保証書、専用ケース
ブランド ROSENDAHL(ローゼンダール)
その他 乾電池は付属されておりませんので、別途ご用意ください。


ros_sta_bk_tc_im_1.jpg


幻の作品が現代に甦る『Arne Jacobsen Clock』

デンマークデザインの巨匠、アルネ・ヤコブセンが遺した名作時計。Arne Jacobsen Clockのデザインの歴史を辿ると、1930年代まで遡ります。当時、デンマーク最大手の電気機器メーカーであったLauritz Knudsen(ラウリッツ・クヌーセン社)の取締役、H.J.ハンセン自邸の設計をヤコブセンが手掛けた際に、テーブルクロックをデザインしたことにはじまります。その後、同社のために3型のテーブルクロック(1939年/LK、1939年/ROMAN、1943年/STATION)をデザインしました。ただ当時、第2次世界大戦の影響により、わずかな期間にて販売を終了。そして、“幻のテーブルクロック”として語られることとなったのです。




ros_designer_3.jpg


それから約70年が経った2008年、デンマークが誇る伝統的なデザインを受け継ぎ、育むことに努めているローゼンダール社は、そのテーブルクロック復刻のためにラウリッツ・クヌーセン社とプロジェクトを立ち上げ、当時の設計図や希少なオリジナル品を入手。監修として、ヤコブセンの愛弟子の一人である建築家、テイト・ヴァイラントを招きました。
そして、オリジナルデザインを忠実に再現することはもちろん、現代に合う機能性を加えることでアップデートを図り、復刻が実現したのです。
また、1940年代以降にヤコブセンが建築に合わせて手掛けたウォールクロックのデザインも採用し、新たなバリエーションも加えたテーブルクロックとウォールクロックとしての発売に至りました。




ros_cit_be_tc_im_1.jpg

ros_rom_wh_29_im_2.jpg




ros_cit_be_tc_im_2.jpg


自然体で居ることの心地よさ CITY HALL / シティホール(1956年)

ドットと直線だけで構成される、ミニマルを極めたデザイン。
それでいて親しみやすくもあり、上品さも併せ持つ。
何にも流されない普遍的なデザインは、どんな空間にも馴染み、
自然体で居ることの心地よさを教えてくれる。
そんな長く寄り添える時計。




ros_cit_be_tc_im_1.jpg

ros_cit_be_tc_2.jpg


自然、光、建築に溶け込むデザイン

アルネ・ヤコブセンが、1956年にルードブレ市庁舎を設計した際に手掛けたウォールクロック「City Hall」。
ルードブレ市庁舎は、自然の中に溶け込んだ直線的な建物との絶妙なコントラストが美しい建築です。50年代らしい一切の無駄を排除したデザインが、モダニズムを代表した作品となっています。シンプルながらも、ヤコブセンの緻密な計算を感じます。
ローゼンダール社は、このルードブレ市庁舎に設置されているオリジナルのシティホールクロックを今回のプロジェクトの為に譲り受け、オリジナルに忠実に再現しました。

テーブルクロックの復刻にあたって、できる限りオリジナルの青みを含んだクリアな表面に近づけるため、ケースはガラスからアクリルに変更。加えて、アラーム音にもこだわりました。当時、ヤコブセンは電子アラーム音の開発に意欲を示しながらも、技術的に実現には至りませんでした。しかし、ローゼンダール社は、試行錯誤の末、そのアラーム音も完成させます。新しく専用に開発したアラームは、電子音ながらも当時を感じさせるベル音を奏でる。世界観をしっかりと守りながらも新たなエッセンスを加えることにも成功したのです。
併せて、LEDライト、ムーブメントセンサー、スヌーズ機能を搭載し、バッテリーも220Vのコンセントタイプから2本の単3形乾電池に変更。現代の暮らしにおけるアップデートも図られています。




ros_cit_wh_29_im_4.jpg

ルードブレ市庁舎(1956年)

コペンハーゲンの中央西部に位置する町、ルードブレ。人口は4万人ほど。
モダニズムらしさを感じるシンプルで直線的な建築でありながら、緑に囲まれた中に馴染むように市庁舎が設けられ、モダンと自然が上手く調和しています。
ルードブレ市庁舎は、エーロ・サーリネンが手掛けたゼネラルモーターズテクニカルセンターに着想を得たもの。整然と並ぶガラスのカーテンウォールが空間に開放感を生み、内部の階段や大理石を用いた内装が際ちます。評議会室に代表されるインテリア、調度品に至るまで妥協ないヤコブセンのトータルデザインは、長い時を経てもなお、存在感を放っています。
また、市庁舎の向かいにあるルードブレ市立図書館(1969年)もアルネ・ヤコブセンによる設計です。




ros_designer_1.jpg

アルネ・ヤコブセン / Arne Jacobsen(1902-1971)

コペンハーゲン生まれ。20世紀で最も影響力の大きい建築家兼プロダクトデザイナーのひとりであり、今日のモダンな北欧デザインの原型を作り上げた人物です。“トータルデザイン”という名の完璧主義に基づき生まれる彼の作品は、建物だけでなく、家具、食器、カトラリー、照明、テキスタイルと、生活に関わるあらゆる部分まで、統一したテーマのもとにデザインされています。「SASロイヤルホテル(1960年)」とともに設計された「エッグチェア」や、「デンマーク国立銀行(1971年)」の設計時に作られた「バンカーズクロック」は、その代表的な例です。




ros_cit_wh_29_im_3.jpg

また、デンマーク家具にいち早く成形合板やスチールを取り入れるなど、デンマークモダンデザインの発展にも大きく寄与しました。「美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る」というヤコブセン自身の言葉通り、生み出すプロダクト全てが計算し尽くされており、それらが半世紀以上経過した今でも、デンマークのみならず世界中で高い評価を得ているのは、クリエーターとしての視点とユーザーとしての視点を高次元で具現化しているからと言えます。その他代表作に 「アントチェア」や、「セブンチェア」など。




ros_logo_3.jpg
ローゼンダール社

ROSENDAHL(ローゼンダール)は1984年、エリック・ローゼンダールによってデンマークに設立された貿易商社。もとは、iittala(イッタラ)の輸入商社として始まりました。(※イッタラの代理店事業は1994年に終了)1990年にカイ・ボイスンの製造・販売権を取得。その後、自社ブランドの開発を手掛けるとともに、「質の高いデザインは大衆が利用できるべき」という理念のもと、デンマークの伝統あるプロダクトやブランドも引き継いでいます。現在では、Rosendahl Design Groupを形成し、“今”と“未来”の製品の両方が、デンマークデザイン文化の創造に貢献したブランドと評価されるよう、デンマークのデザインアイコンの保存および開発を行っています。




コンテンツ / テキストデザイナー紹介
Contents / Text Designers


テキストデザイナー紹介

/ 安達 剛士 Tsuyoshi Adachi

コンテンツ・テキストデザイナー。1982年、鳥取県生まれ。
北欧インテリアショップに10年以上勤務し、鳥取、東京で約8年間店長を経験。
北欧の暮らしにある本質的な豊かさに魅了され、自分らしさを楽しめる暮らし、コーディネートを多数手掛けた。
加えて北欧家具メーカー輸入代理店のブランドマネージャー経験も活かし、
2022年より故郷の鳥取に戻り有限会社フォーリア・インテリア事業部を設立。
ディレクション、コーディネートなども含め広くインテリアに携わる。





仕様Spec
商品名 ARNE JACOBSEN WALL CLOCK CITY HALL 290mm
サイズ Φ290×D63mm
カラー ホワイト
質量 734g
素材 ケース素材:アルミニウム、ガラス素材:ミネラルクリスタル
製造国 中国
電源 単3形乾電池×2本
保証 1年間(メーカー保証)
付属 正規保証書、専用ケース
ブランド ROSENDAHL(ローゼンダール)
その他 乾電池および壁掛け用の木ねじは付属されておりませんので、別途ご用意ください。