\ 新規会員登録で1000ptプレゼント! /

Vitra ヴィトラ キーホルダー キーリングサン キーリング サン ALEXANDER GIRARD アレキサンダー・ジラード Vitra Key Ring Sun ヴィトラ

商品番号 332231690000160
¥ 4,290 税込
[ 39 ポイント進呈 ]
申し訳ございません。ただいま在庫がございません。
Vitra Key Ring Sun

いつも近くに笑顔を

毎日一緒にいるキーリング。
どんなときでも、フラットな笑顔を向けてくれる。

すべてを受け止めてくれるような微笑みに、和んだり、励まされたり。
シンプルであるからこそ、永く親しまれるデザイン。

ミッドセンチュリー黄金期を牽引したデザイナーの一人、
アレキサンダー・ジラードが「太陽」をイメージしてデザインした“Sun”。

1966年に生まれたこのモチーフは、
壁面装飾やオーナメントなどさまざまな目的で使用されました。

そっと微笑む愛らしい笑顔は、私たちの日常を温かく見守ってくれているよう。

世界中の数多の民芸品を集めてきた彼にとって、「デザインすること」は、
自分が得たインスピレーションを表現する場でもありました。

Vitra Key Ring Sun

真鍮メッキ、ブラックエナメルペイントで仕上げられた表面は、上品で洗練された印象を与えます。
そして、時とともに味わいを増す素材感は、寄り添うほどに愛着も深まっていきます。

リング部分には「Vitra」と「ALEXANDER GIRARD」の名前が刻印されています。
ギフト向けのパッケージで、贈り物にもぴったり。

さりげない個性が光るアイテムです。

Vitra Key Ring Sun

アレキサンダー・ジラード / Alexandar Girard(1907~1993年)

ニューヨーク生まれ、イタリア・フィレンツェ育ち。ロンドンとローマで建築を学んだ。テキスタイルデザイナー、建築家、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナーと、多くの肩書をもつ。
1949年、デトロイト美術館で開催された「モダン・リビング展」を監修。そこには、アルヴァ・アアルト、ジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズといった名だたるデザイナーが名を連ねた。1951年、親交のあったチャールズ・イームズ、ジョージ・ネルソンの誘いでハーマンミラー社と協働を開始。翌年には同社にテキスタイル部門を設立し、責任者に就任する。そこから1973年までの間に、300以上のファブリックデザインを生み出した。既成概念を覆すカラーリングに、独特で大胆な絵柄、斬新な幾何学模様を使ったデザインは、ミッドセンチュリー黄金期を彩り、時代を牽引するデザイナーのひとりとなった。

一方で、世界でも屈指の民芸品収集家としての顔も知られている。アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェに建てた自邸は、世界中から集めた10万点以上ものフォークアートのギャラリーであり、表現の実験の場ともなっていた。集めた民芸品の他に、自身のデザインしたもの、古いものに新しいもの、多くの要素が入り混じる中、ここにおいても幼いころから培われた展示の才能を発揮していた。そこを訪れたヴィトラ創業者一族のロルフ・フェルバウムも、「今までアメリカで見た中で最も魅力的な家」と表現したほど。暮らしを愉しむ中で生まれるインスピレーションが、彼のデザインに表れてる。

ヴィトラ / Vitra

Vitra1934年、スイスで店舗什器メーカーとして創業。創業者であるウィリー&エリカ・フェルバウム夫妻は、事業拡大の中で1950年に「Vitra」を設立する。その数年後、ニューヨーク来訪の際にチャールズ&レイ・イームズの家具に魅了されたウィリーは、直接本人と面談し、イームズだけでなくジョージ・ネルソンの家具についてもヨーロッパ、中東における製造販売ライセンスを取得した。1957年から家具生産に乗り出した同社は、その後も、海外の著名なデザイナーと共に多くの名作を世に遺している。

一方で、1981年に火災に見舞われた自社工場の再建を機に、社内外におけるデザイン知識の育成、普及へも力を注ぐこととなる。同社の敷地にはオフィス、工場、ショールームの他に、ミュージアムや消防署なども建設され、その設計をフランク・ゲーリー、ザハ・ハディド、安藤忠雄といった有名建築家がそれぞれ担ったことから、「Vitra Campus」と呼ばれる個性豊かな建築が集まる“建築の聖地”を形成している。幅広い側面から“デザイン”を追求し続けているブランドである。

Vitra

仕様Spec

商品名 Vitra Key Ring Sun / ヴィトラ キーリングサン
サイズ W40mm×H80mm
素材 真鍮メッキ
デザイナー アレキサンダー・ジラード(Alexandar Girard)
ブランド ヴィトラ(Vitra)
その他 -


happy_bin_L


いつも近くに笑顔を

毎日一緒にいるキーリング。
どんなときでも、フラットな笑顔を向けてくれる。

すべてを受け止めてくれるような微笑みに、和んだり、励まされたり。
シンプルであるからこそ、永く親しまれるデザイン。

ミッドセンチュリー黄金期を牽引したデザイナーの一人、
アレキサンダー・ジラードが「太陽」をイメージしてデザインした“Sun”。

1966年に生まれたこのモチーフは、
壁面装飾やオーナメントなどさまざまな目的で使用されました。

そっと微笑む愛らしい笑顔は、私たちの日常を温かく見守ってくれているよう。

世界中の数多の民芸品を集めてきた彼にとって、「デザインすること」は、
自分が得たインスピレーションを表現する場でもありました。




happy_bin_L


真鍮メッキ、ブラックエナメルペイントで仕上げられた表面は、上品で洗練された印象を与えます。
そして、時とともに味わいを増す素材感は、寄り添うほどに愛着も深まっていきます。

リング部分には「Vitra」と「ALEXANDER GIRARD」の名前が刻印されています。
ギフト向けのパッケージで、贈り物にもぴったり。

さりげない個性が光るアイテムです。




happy_bin_L




アレキサンダー・ジラード / Alexandar Girard(1907~1993年)

ニューヨーク生まれ、イタリア・フィレンツェ育ち。ロンドンとローマで建築を学んだ。テキスタイルデザイナー、建築家、インテリアデザイナー、グラフィックデザイナーと、多くの肩書をもつ。
1949年、デトロイト美術館で開催された「モダン・リビング展」を監修。そこには、アルヴァ・アアルト、ジョージ・ネルソン、チャールズ&レイ・イームズといった名だたるデザイナーが名を連ねた。1951年、親交のあったチャールズ・イームズ、ジョージ・ネルソンの誘いでハーマンミラー社と協働を開始。翌年には同社にテキスタイル部門を設立し、責任者に就任する。そこから1973年までの間に、300以上のファブリックデザインを生み出した。既成概念を覆すカラーリングに、独特で大胆な絵柄、斬新な幾何学模様を使ったデザインは、ミッドセンチュリー黄金期を彩り、時代を牽引するデザイナーのひとりとなった。

一方で、世界でも屈指の民芸品収集家としての顔も知られている。アメリカ・ニューメキシコ州サンタフェに建てた自邸は、世界中から集めた10万点以上ものフォークアートのギャラリーであり、表現の実験の場ともなっていた。集めた民芸品の他に、自身のデザインしたもの、古いものに新しいもの、多くの要素が入り混じる中、ここにおいても幼いころから培われた展示の才能を発揮していた。そこを訪れたヴィトラ創業者一族のロルフ・フェルバウムも、「今までアメリカで見た中で最も魅力的な家」と表現したほど。暮らしを愉しむ中で生まれるインスピレーションが、彼のデザインに表れてる。




Vitra

ヴィトラ / Vitra

1934年、スイスで店舗什器メーカーとして創業。創業者であるウィリー&エリカ・フェルバウム夫妻は、事業拡大の中で1950年に「Vitra」を設立する。その数年後、ニューヨーク来訪の際にチャールズ&レイ・イームズの家具に魅了されたウィリーは、直接本人と面談し、イームズだけでなくジョージ・ネルソンの家具についてもヨーロッパ、中東における製造販売ライセンスを取得した。1957年から家具生産に乗り出した同社は、その後も、海外の著名なデザイナーと共に多くの名作を世に遺している。

一方で、1981年に火災に見舞われた自社工場の再建を機に、社内外におけるデザイン知識の育成、普及へも力を注ぐこととなる。同社の敷地にはオフィス、工場、ショールームの他に、ミュージアムや消防署なども建設され、その設計をフランク・ゲーリー、ザハ・ハディド、安藤忠雄といった有名建築家がそれぞれ担ったことから、「Vitra Campus」と呼ばれる個性豊かな建築が集まる“建築の聖地”を形成している。幅広い側面から“デザイン”を追求し続けているブランドである。


Vitra





仕様Spec
商品名 Vitra Key Ring Sun / ヴィトラ キーリングサン
サイズ W40mm×H80mm
素材 真鍮メッキ
デザイナー アレキサンダー・ジラード(Alexandar Girard)
ブランド ヴィトラ(Vitra)
その他 -